スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's Friday night and i'm alone,

さて、性懲りも無くまたフォルツァ3です。

・・・というか、こちらのブログを更新する意義が自分の中でよく分からなくなってきました。
いっその事小説&手ブロをメインにするというのも手ですし・・・ううむ。


根っからがレーシングドライバー気質で、凝り性&車好きということもあって、
この手のゲームはやりだすと軽くクリアするまでか1ヶ月くらい帰って来れません。
基本的に気に入った車は全色揃えるくらいの勢いで集めてしまうので、アホみたいに車が増えていきます。

先日配信されたオートウィークカーパックは、メンツが微妙だなあということで渋っていたのですが
ゾンダR目当てだけで購入してもいいかなということで結局買っちゃいました。
ゴールドメンバーシップも切れていたのでそのついでに課金しようと思いましたが
やっぱりやめてしまいました。プレイグラウンドでTAGやりたいなあとは思ったんですけど・・・。
フォード・フィエスタでBenchmark high speed ring layoutA走りたいなんて思う方いないですよね
そうですよねorz

昨日もゾンダRを購入するためにFXXをロードアメリカでひたすらStig(と私は呼んでいます。AIドライバー)に
走らせ自分は絵を描いたり、リペイントしながら過ごしていました。
そのあとはそろそろいい加減にトラクションコントロールをOFFにしようかと思い
(実はまだTCSだけOFFにしていませんでした)
Benchmark high speed ring layoutAでブラックシリーズに乗り15分くらいずっとドリドリしていました。
ブラックシリーズはアクセルを踏み込んでいくとリアが徐々に流れていくのがいいですね、お陰で挙動の把握が
しやすいですし、一回だけケン・ブロックのような感じに倉庫の中をドリフト出来ました。
もうキャプテン・スローとは呼ばせません。キャプテン・ノーマルです(ぇ


無計画で文章書き出すと纏まりがでないですね・・・ううーん・・・。
とりあえず最近不完全燃焼です、V8エンジンの5気筒ぐらい死んじゃってます。

ゾンダRはパガーニ・ゾンダシリーズの最上位モデルで、言わばフェラーリのFXXのような存在であり
サーキット仕様ではありますがレースカーではありません。
ゾンダFで新開発した素材『カーボテェイニアム』を使用しており、共有パーツは10パーセント程と
ほぼ新開発という熱意のこもった車です。
エンジンはCLK-GTR用に開発されたものがベースとなっていて、750馬力を発生させます。
(個人的にはキロワットの方が比較がしやすいんですけどね・・・ちなみにゾンダRは551kW。
馬力にも仏馬力と英馬力があるのでめんどくせぇです。~PSと表記されるのが仏馬力、
~HPと表記されるのは英馬力 また独馬力というものがあって~クドクド 
でも仏馬力のPSは独馬力からきているので一緒です)
ドイツ製のイタリアンサウンドもなかなか良いものです。V12エンジンで車重が1.2トンとかバケモノですよね。

ちなみにゾンダRの下位モデルであるゾンダFは日産・GT-Rのもつニュルブルクリンク市販車最速ラップ
7分26秒7を打ち破る7分24秒07というタイムを記録しております。GT-Rは通常のスペックより馬力を
上げていたという噂があるので・・・それでもゾンダの勝ちには変わりないのですが。


ゾンダRとLotus 2-eleven以外にあまり惹かれる車は無いなー・・・と思っていたのですが
SALEENのS5S・ラプターはなかなか良い印象を受けました。5リッターのV8エンジンはスーパーチャージャーに
よって過給されるのですが、『にゃーん』という感じの音ではなくて『キューン』とアザラシか何かが
鳴くような音がするのでなんだか気に入ってしまいました。でもちょっと馬力が足りない気もします。
それでも650馬力もあるのですが・・・最高速が315キロほどしか出ないので・・・。
(普通は凄いと言えるレベル、でもブガッティ・ヴェイロンの所為で感覚がおかしなことになってます)

Sクラスだと相手になるのが大抵ヴェイロンですので、平均速度の高いコースでは勝ち目が無いんですよ。
時速250キロからの加速についていける車は他にありません。
初めて軽さのみで勝ちに行っている様な気がします、大抵は馬力とコーナリングで勝てる状況が多かったですし。
いつも足回り・駆動系・排気系だけチューンして、キャンバーとトランスミッション以外のセッティングは
基本的にツルシ(ノータッチ)ですし(セッティングまでして勝ちに行くのは大嫌いです、
ほぼノーマルで乗りこなしてナンボ)

軽量でステアレスポンスも良く、スタイリングも好みですし・・・若干今期のホンダがスーパーGTに
投入するHSV-010 GTはこれのパクリなんじゃないかと思うぐらいですが・・・。

SALEENとVauxhallはRubbishな車を作らない良いメーカーだと個人的に思っております。いや、本当に。
VXR8バサーストSとか最高です(*´д`)ハァハァ スーパーチャージャーの過給される音はいいですよね。

次回の配信はいったいどんなラインナップなんでしょう・・・楽しみです。
ゾンダ・チンク、ランボルギーニ・ウラッコ、コルベット・スティングレイコンセプト辺りが収録されていると
個人的にはとても嬉しいのですが。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。