スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You feeling lucky, Do you, punk?

1259791151060125.png

お待たせしました、それではアイアンハイドの考察です。







ユニバース本より(P.62~

多くのオートボットが戦士の役割に適応しなければならなかった間、メガトロンが反旗を翻した
戦争以前から、無数の闘争のベテランという事を証明する戦傷をもつ、アイアンハイドは戦場の最中にいた。
アイアンハイドはしばしば無口で怒りっぽい印象を与えるかも知れない。
声にすることなく不平を言ったり、鼻息を荒立てているからだ。
しかし他者を生きながらえさせる事になるなら、彼は瞬時に自らの命を捨てるつもりだ。
この事は、彼がただとても頑固で、強大な相手にも噛み付くほど逞しいことを示している。

>UN-CIVIL DEFENCE
サイバトロン星では戦前の歴史において長期間平和であった事が、住民が無力であった事を意味する事ではない。
アイアンハイドはサイバトロン星の市民軍指揮官であり、その不断の部隊が他世界からの
多数の脅威を追い払っていたからである。

>PLEASED TO MEET YOU
アイアンハイドの辞書では最良な防御は攻撃であり、自分の腕に装着された銃火器を見せた時、
攻撃の準備は出来ている。
巧妙さが彼の強みなのではなく、時折見せる優しさなのだが、オプティマス・プライムに
良い振る舞いをするようきつく叱責される。


ということはアイアンハイドもサイドスワイプ同様戦闘用に作られたトランスフォーマーである可能性が出てきます。
アメコミでは彼は元々ディセプティコンだったのですが、その辺はどうなんでしょう。
彼の発するジョークには多分にディセップ因子が含まれていますが・・・w



P.64~

第一印象のひとつを、相手に対して自ら印象付ける事をアイアンハイドは好む。
アイアンハイドがビーグルモードのモデルとしている、GMCトップキック―ピックアップトラックは
見た目も雰囲気も戦車のようだ。特に実際に目の前にしてみると。
起伏が高く酷い地形でも、アイアンハイドのビーグル形態は、事実上情け容赦の無い前進の勢いと
頑丈な装甲で物ともしない。


となると、1作目TFで『You feeling lucky,punk?』『今日はツイてるかい、あんちゃん』と
サムに向かってキャノンをチャージしながら言い放ったのには非常に納得が出来るわけです。
自分はこういうトランスフォーマーだと見せるために、あのような行動をしたのです。
余談ですが、結構アイアンハイドって海外の刑事ドラマとか好きそうですよね、刑事コロンボ、鬼警部アイアンサイド
刑事コジャック等・・・最近ではCSI、BONES、コールドケースとか。BONESは少し違うような気もしますけど。


>HARD TARGET
対ダメージ性能と止められない力のおかげで、アイアンハイドは不滅である。
それに加え、アイアンハイドのビーグルモードにある備え付けのストロボ効果も伴って敵は挫折、困惑し
敵対する目標をしっかり捕捉する事を困難にしている。

>DID YOU KNOW?
アイアンハイドのロボットモード時の武器はビーグルモード時の、ドライバーと乗客のドアよりも下
シャシーの下に収納されている。
乗員は出撃することも高速で走る最中銃撃も出来る。

>GROUND ASSAULT
乗り気になり、単独で行動することが可能な間は、アイアンハイドは彼がチームの一部である事を決して忘れない。
彼のオフロードタイヤと車高の高いサスペンションが彼の車重の3倍を支える事を可能にしている。
彼の多機能後部区間は燃料と物資を運べるようになっている。



P.66~

>DID YOU KNOW?
長年の間、アイアンハイドはオプティマス・プライムの"威圧”と呼ばれており、彼の方針に言及すると
いかなる武器、破壊的な効果を持つ物でも最大限に役立てる彼の潔さには脱帽する。
プライムが鍛錬するところは全てを抑止することで、アイアンハイドは単に引き金を引くことである。

>URBAN COMBAT
その巨体にも関らず、アイアンハイドは驚くべき機敏さを戦いの中で魅せる。
彼の試みている動作、空中での回転ターンや、両方のキャノンを同時に撃つが速さに繋がっている。
都市戦闘のスペシャリストであるアイアンハイドは狭いスペースを有効に使い、
敵に撤退という選択肢しか与えない。


単なる武器装備のスペシャリストか、それ以上のアイアンハイドは歩く兵器庫で、1部の小隊よりも
銃火器を備えている。彼の主武装は2本の腕に装備された、プラズマ熱弾頭を有する10個の指向性
ミサイルランチャーが放射状に取り囲むキャノンと、小さなソーラーアクセレーターから動力を得る核分裂砲である。
2つのキャノンを合体させることにより、メガバズーカに形を変え(アイアンハイドは彼の"招待状”と呼んでいる)
それはどんな厚い装甲さえも撃ち破る能力を秘めている。


空中でスピンしながら砲撃したり、クルクルと回転しながら移動するのは彼の道理に適っているんですね。
それに玩具で再現可能なキャノンの合体が一応公式だったとは・・・説明書の説明不足だったんですかね。

ということで、アイアンハイドが好きで玩具は持っているものの、あんまり変形させなかったり
アホ写真にも登場することが無かったのですが、もう少しいじったり登場させる機会を多くしたいです。
でも玩具のアイアンハイドって、実際より若干車幅が狭いような感じがするんですよね。
その所為であんまりかっこよく見えないような気もするのですが・・・。
レノックスさんとのセットでヒューマンアライアンス化されるといいのですが。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。