スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The right word is better than the wrong move!

NEC_1397.jpg

とある日の晩御飯。桃たわわは美味しかったです。

NEC_1395.jpg

更新が空いてしまったのは別に凹んでいた訳ではありません。
手書きブログばっかりやってるとブログの方が疎かになりがちです、気をつけないと。

ふと思い出したのですが、ここって元々モンハンブログとしてスタートしたはずでは・・・?





・・・・・・そんな事は気にせずツインズ&ジョルト考察(えー
そして最後の方に拍手返信。



以前も取り上げましたが、ツインズの最大の武器は『Twin link』という
距離に関係なく常に情報を共有し合うことの出来る能力です。

・スキッズ

>KEY ITEM-Twin link
それは彼らの通信コミニュケーションの産物と思われがちですが、彼らにとって
コミニュケーションとは精神的なものと言えるほど、とても本能的なことである。
これが彼らの連係を完璧に近いものにしている。
・・・その時だけは、どちらが賢いか強いかと言い争うことは無い。

>Bios
スキッズはとても活発な彼の双子、マッドフラップとメッセンジャーとして働いていた。
彼はマッドフラップの迷える思考を退屈な仕事に従事させることを担当しているのだと
信じていた。
今では2人とも戦士に昇格した。スキッズは内心自分より生まれついて戦闘能力が高い
マッドフラップを恐れている。

>Personality
多くを知らない若いオートボット、スキッズは彼が自分はいかに賢い存在か知らしめることに
神経質になっている。特にイライラさせる双子の兄弟、マッドフラップには。


・マッドフラップ

>Bios
マッドフラップは退屈な仕事や、いつも命令ばかりしてくるスキッズの態度に我慢しながら
オートボットの戦士になる事を夢見ていた。今では夢は現実となり、活発なマッドフラップは
彼と戦場での栄光を妨げるものはいらなかった。
スキッズは彼の異常な熱意が向こう見ずにさせていると注意するが
マッドフラップは認めず反論する。

>Personality
せっかちな若いマッドフラップは、自分が双子の兄弟、スキッズより
強いという事をいつでも証明する事をいとわない。



・・・なんか文章だけ読んでるとむちゃくちゃ仲悪いように感じるのは私だけですか・・・・・・;w
劇中ではどちらかというと活発なのはスキッズの方で、マフラは大人しめでとぼけた感じだったような
気がしますが・・・どうなんでしょう。
私のイメージでは、普段は素っ気無いけどいつでも可愛い弟の事を心配している弟想いの
兄=スキッズ、のんびりしていておとぼけキャラだけど、いざという時には
やっちゃう気だけはフロシャイムナンバーワンゲフゲフ、やってくれる
キレると恐いぞ☆的な弟がマッドフラップです。
スキッズが兄ってイメージはあってますよね・・・?いつも始めに殴りかかるのは彼ですし。


そしてユニバース本より

『プロトフォームが2つに割れスパークが2体のトランスフォーマーに分けられるというのは
非常に珍しいことだ。スキッズとマッドフラップはツインズとして離れられないがいつも
お互いについて言い争っている。活発に、うるさく、生まれつき奇想天外で、お互いが
落ち着いていることは滅多にない。長い間そうであった。
彼らはお互いに連係し、ひとつの実在する形としてのコンビネーションを生み出す。

活発さはわずかに少なくなってきており、スキッズが考えるには少し賢くなったのだと。
実際は、スキッズとマッドフラップには少し余裕があるからだ。2人はやる気十分であり、
議論好きでおしゃべりという点で傾向は似ている。
しかしマッドフラップは警告に近いような欠損、異常のあることに見込みの無い印象を持っている。



となるとNさんとこのツインズはかなり近いのではないかと・・・w Nさんすごい!(笑)
スキッズは俺が道を切り開いてやるぜーみたいなキャラ、その後ろから大丈夫かなーと
心配そうについてくるのがマッドフラップですかね。訳の後半は少し日本語がおかしいですが
元の英文が慣れてないので訳し難いんですよ;
何にしてもお互いがお互いを必要としていて、離れたくても離れられないようになっているんですね。
素晴らしい兄弟愛ですw


ジョルトはタカトミの公式サイトや玩具パッケにも書いてありますが
『トラブルを引き起こすことが大好きな戦士。おびき寄せたディセプティコンに、至近距離から
エレクトロウィップの強力な一撃を与える。混乱に陥った敵グループの周りを嘲りながら
走り回っていることも少なくない。』

玩具パッケの裏の説明文見たときは『えっ!?』と思わず声出ちゃいましたよ・・・;w
可愛い顔してなんというどえすさんだ・・・と思ったものです。
でもそれは幼さゆえの無邪気な一面であって、根っから悪戯小僧な感じではないと思います。
でなきゃオートボットになんかいませんもんね。
アメコミではアイアンハイドは元々ディセプティコンでしたけど。



あーもう眠たーい英語嫌ーい(自暴自棄


あとツインズ好きさんに朗報です。
こちらのサイトさんでアイスクリームトラックのアップグレードステッカーが販売されています。
私も近日中に購入する予定です。











拍手返信
>>wさん

初めまして、コメントして頂きありがとうございます、leggera(レジェーラ)と申します。
こちらではVerian(ベリアン)と名乗っています。
申し訳ありません、本館へのリンクを追加した際HTMLのコードにミスがあったようです。
修正しておきました><; 小説の方もお褒め頂き誠に光栄です^^
やっぱりスワイプさんは寡黙でストイックな人ですよね!w

そのサイトは存じていたのですが、ササッと訳した文章を載せてみると実戦重視では
無かったという記述は見つけられませんでした。

>BIOS
正式にオートボットに入隊する前から、最も優れた戦士を求め銀河を彷徨っていた。
それまでは、全ての戦闘技術を学びマスターすることが目的であった。
今日では、オートボットの仲間に彼がサイバトロン星の最も優れた戦士になるまでに得た
全ての技術を共有している。

>Personality
・戦闘教官
生まれついての超速の戦士であったサイドスワイプは戦闘のために
サイバトロン星にいるのだと信じている。

『Trandformers:the movie universe』にも戦闘用に作られたオートボットという記述があるので
それは少し違うのではないかと。

私の個人的なイメージでは団体行動が苦手なのではなく、少し遠巻きにいてバンブルビーや
ツインズを始め他のオートボットが何かしているのを見守っているようなイメージです。
壁に寄りかかって腕組みしていそうな。もちろん任務はキッチリこなします。
あくまで私のイメージですからあしからず・・・;w
これなんてメタルギアソリッドのスネークだ・・・いや、ゲーム版だとスワイプは大塚さんなのですがw

誤訳なのですか・・・ノベライズ版は言わずもがなですね・・・w
あんまりにも訳が酷いのでわざわざ原語版買いました(笑)

ありがとうございます、これからも頑張ります^^ ・・・と言いたい所ですが
ちょっと忙しくなってきたため次の更新は遅めになりそうです、申し訳ありません(滝汗

リンクの件ですが、wさんのサイトorブログからリンクを張って頂く分にはなんら問題はありません。
うちは一応リンクフリーですので。アドレスをお教え頂ければ私からもお邪魔させてもらいます^^

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。