スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インストレーションシステムコール、イェーガー!

私の中で2回目のリバイバルが来てしまったZOIDS新世紀/ZERO、コレと言って他に書くことが
無いので(TF以外で)・・・ちょこっと記事にしてみます。

最近まで99年に放送されていたアニメが発端だと思っていたんですが、どうやら81年にアメリカで
発売されていた玩具が元となっているようですね、これは知らなかったw

1作目の『ゾイド―ZOIDS』と『/ZERO』しか私は見ていないんですが(ジェネシス等は
放映されていない地域だったので)、へリック共和国とガイロス帝国の戦争が舞台であった
『ゾイド―ZOIDS』よりも、ゾイドによる対戦競技が中心の『/ZERO』の方が好きです。
もちろんシールドライガーや、ブレードライガーも好きなのですがやっぱりライガーゼロには敵いません。
ベースが野生体ということもあって、とても感情表現が豊かなところが 可 愛 い 。(ぇ

パンツァーユニットに換装した時も、重たいパーツが嫌で接近戦がしたいとごねて文句を言うように
咆えたり、関節部分が装甲の重量の所為で加熱し戦闘後に換装パーツを排除し
身体をブルブルさせるところとか身体を思いっきり反らせて咆えるところとかもう・・・・・・!!(*´Д`)ハァハァ

イェーガーとタイプゼロ、素体でいる時がとても嬉しそうに見えます(←もう末期

顔を上に向けながら・・・おそらくカメラアイは標的を捉えながらではあると思うんですが
ストライクレーザークローのポーズは豪快でカッコイイ。
しかしシャドーフォックスのずっと相手を正面に捉えながらのレーザークローも捨て難い・・・w

戦闘時のBGMも盛り上げ役としてちゃんと働いていて素晴らしいですし、なんといっても
CAS換装の時に、ホバーカーゴ内部のシャッターが開いてライガーが入ってきたり
いちいち効果音が格好良かったりマニュピレータがパーツを装脱着するときに機体が揺れるのがいい。
ちゃんと高速走行用にコクピットのシートが倒れるのも細かいところまで凝ってます。
射出されるときに一瞬BGMが止まって『ゴー!イェーガー!』と叫んでから再びBGMが
戻るところとか泣きそうになりますw
イーオンブースターの展開音がアスラーダのブースト展開音と同じなのが余計に感動します。
当然といえば当然なのでしょうが・・・;w

NEC_1357.jpg

NEC_1358.jpg

NEC_1356.jpg

うーん・・・人型もいいですが獣型もいいものです・・・・・・(*´∀`)
イェーガーユニット装着用にもう一体買おうかしら。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。