スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO,CALL IT A DAY

NEC_0728.jpg


ちょっと遅いですが、『BACK ON MY FEET』手に入れました。
この待っている間に、PV観まくったり音源を求めてネットの海にダイブしてきたのは内緒です。

しかし今回は凄い力の入れ様ですね、曲調に始まり、シングルのジャケット・ブックレット等の
デザイン等・・・今回挿入されているブックレットの写真は、全て彼らが自分で撮ったそうです。

なんでしょう・・・・・・まだ自分でも呑み込めていないのですが、『Out Loud』~『EXPOSED』までの
全てが詰まっているというか・・・ドラムの音やシーケンスなんかは『FOGBOUND』とか
そのくらいの時期の感じなのに、曲の雰囲気や勢いは『EXPOSED』で・・・・・・

とにかく質量が違います、オールスパークが収縮する時ぐらい質量保存の法則を
軽く無視した重量があるような気がします。

『BACK ON MY FEET』は、忘念のザムドのOPVerからまた進化していて、
新たにシーケンスが加わり、フィールドレコーディングされた音のイントロ&アウトロが入っています。

某雑誌のインタビューでドラムは企業秘密と言ってましたが、何なんだろうなぁ、単に録音したものを
チョップして繋げたものでは無いんでしょうかね。凄く気になります・・・w

今回の曲にはピアノ&ストリングスが入っているんですが、何処かのスタジオにやたらと
チューニングの外れたピアノがあって、それで録音しようと別の日に行ったら
しっかり調律されていたという逸話?があるそうですねw
それにしても、やっぱり生のストリングスはいいものです、自分の世界が拡がっていきそうな感じで。
『INTERGALACTIC』みたいに涙腺に訴えかけるものがあります。

『BACK ON MY FEET』は今までのシングル&アルバムからすると非常に特殊で、
マスタリングは『Full of~』からお馴染みのテッド・ジェンセンなんですが
この4曲の中のいくつかは中野さん自身でマスタリングしているようですね。
ついにマスタリングにまで手を出してしまうとは・・・驚きですw

川島さんも何処かいつもと声質が違うように聞こえるのは気のせいでしょうか、
声が高いというか、若いというか・・・(失礼?
メタモの時の『DIG THE NEW BREED』に使われていた音源が一瞬聞こえたのも多分気のせい・・・?
『あれ?これどこかで聞いたことあるよ私・・・・・・』といった感じなんですが・・・。


駄目だ泣けてくる・・・・・・。゜(゜´Д`゜)゜。 (←『BACK ON MY FEET』視聴しながら書いてる奴


『ALL IN A DAY』はピアノ&リバースのイントロから始まり、割としっかりしたドラムなどから
構成されています、今までの曲で言うと・・・うーん・・・『Beat it』とか『Generater』みたいな
印象を受けたんですが・・・。あ、フィルは『Pill』が近いかもです。

『SPELLBOUND』はインストのみの構成。
ピアノとフィールドレコーディングされた音、電子音で形造られたシンプルな感じです。
なんだかマトリクスの裂け目の向こうに連れて行かれそうな曲ですw

『CAUGHT IN THE SUN』も、聞いていると何処かもどかしい感覚を覚えてしまいます。
身体だけを置いてきぼりにして、意識だけが別次元に行ってしまうような・・・・・・。
歌詞を読んでいると最近?思うんですが、『UMBRA』や『PHOTON』の時は
川島さんの心境がモロに現れていたような気がするのですが、やっぱり『Dive~』から
一転しているのが分かります。

あとは・・・彼らの聞くようなアーティストの歌詞を知っていると、ニヤリと出来るかも知れませんねw

あぁ・・・やっぱり私の中で『FOGBOUND』を越えてしまいました、嬉しいような悲しいような;w



NEC_0700.jpg
『この俺ぇ?デストロン軍団の将来を背負って立つこのスタースクリームがですかぁ!?
とぉんでもない、絶対ごめんでさぁ!お断りだァ!!』


と、相変わらず冷めないリベンジの熱なんですが・・・・・・
NEC_0702.jpgNEC_0703.jpg

NEC_0709.jpgNEC_0705.jpg
『Damn,Good』                     『やってやるのは気分がいいぜ!』


・・・・・・リベンジの主人公はサイドスワイプです、そして俺の(ry異論は(ry(ぇ

もちろん映画みたいなアクロバティックなポーズは再現出来ないので、直立で。
何より遊びすぎて脚の軟体プラスティックのパーツがヤバイことに・・・;;
そして許せ、サイドウェイズよ・・・・・・w
きっとあの切れ味は熱伝導ブレードに違いない絶対そうに違いない(←駄目だコイツ早くなんとか(ry

スタースクリームは、ビーグルモードでのかっこよさは誰にも負けないぐらいなのに
トランスフォームしてしまうと、ブサイクなずんぐりむっくり野郎になってしまうので残念です。。。
(アダムスかお前は(ry



03980.jpg
とりあえず、ジェットファイアおじいちゃんを次に購入する予定です。
あの頑固な偏屈ジジィに不覚にも萌えてしまいました・・・w

杖ついてるTFなんて初めてみるんだぜ・・・・・・。

SR-71ブラックバードというところがまた非常にいいです、超音速・高高度偵察という
運用目的から、熱対策のため外装パネルにわずかな隙間を意図的に作っているのですが
そのために燃料が漏れてしまう時があるという・・・・・・益々ジジィ(ry

エースコンバットゼロにも『SWORD OF ANNIHILATION―巨神の刃』で出て来ますよね。


最後にオマケ。
NEC_0706.jpg
スワイプ『こいつの切れ味を試してみるか・・・?』
ビー『やってやるんだもんね!』

サイドウェイズ『え?ちょ・・・;; あれ?スタースクリーム!?』
スタスク『・・・・・・(臆病者が最後には勝つのだ・・・)』

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。