スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everything permitted・・・

assassins_creed_31_800x600.jpg


実は、私はあんまり自分の一番好きなものを教えたがらない人なのです。
・・・・・・聞かれたら答えますけど(コラ

アサシンクリードは、発売前に雑誌でそのタイトルを目にしてからずっと楽しみにしていて
XBOX360版の発売日に、初回特典がついているのを予約して購入したぐらい好きなのです。

友人のひとりに箱○を所有している方がいるのですが、彼と『これ面白いよねー』と
話す以外は、とんと耳にしなかったのであんまり人気ないのか・・・面白いのに(´・ω・`)
と思っていたのですが、結構最近になって意外と認知されている事を知りました・・・w

以前はレビューなんかを見ていても、『作業ゲー』とか色々書かれていたので
『やっぱり人気ないんだ・・・;』と。 ここまで有名になるとは思っていなかったのです。

それを知るまでは特に周りの評判を気にする事無く、まぁ面白いからいいや、
と黙々とプレイしていた訳なんですよ。

今回2作目が発表されたということで、これを機に一筆書いてやろう、そう思ったのです。



このゲームでは異なる時間軸が同時に進行して行き、現代の2010年では
DNAに遣されたアルタイルの記憶を何らかの目的で吸い出すために、アブスターゴ社が
デズモンド・マイルズを誘拐してしまいます。

デズモンドの記憶の中、1194年の大シリア(ちょうど第三次十字軍遠征の頃ですね)では、
アサシン教団の師範であるアルタイルが教団の長、アル・ムアリムに秘宝を奪還する任務を
与えられたのですが彼の傲慢さが仇となって、仲間の1人が死亡、
もうひとりのマリクも片腕を失ってしまいます。

任務にも失敗し、テンプル騎士団に秘宝(失われたアーク)を奪われ、
アサシンの信条(CREED)にも反したということで、師範の位を剥奪され
見習いに降格されてしまいます。

そして、アル・ムアリムのある計画のために、いくつかの任務を与えられるわけですが・・・。


本作の特徴は、次世代機による美麗なグラフィックとオープンワールド型のマップを縦横無尽に
駆け回る高いアクション性です。
このアクションは、『パルクール』と呼ばれるエクストリームスポーツが元となっており、
「壁をよじ登る」「僅かな足場から足場へと飛び移る」「高所からのダイビング」等、
超人的な動きをすることが出来ます。

基本的には、ダマスカス・アッカ・エルサレムを舞台に、その地区で暗殺対象について
情報を収集、アサシン教団の官区長に暗殺許可を貰い標的を暗殺する、という流れです。

冒頭でも書きましたが、このゲームが作業ゲーなんて言ってしまったら、現在発売されている
ゲームの殆どが作業ゲーなのだと個人的には思うのですが・・・。
単調であるのはいささか否定は出来ませんが、そうおっしゃる方はゲームの楽しみ方を
分かっていないと思えてなりません。これだけは絶対に譲りません。


このゲームの魅力はソーシャルステルス、つまり一般の群集に紛れて暗殺を実行する、
単にそれだけではありません。

0709252183_4.jpg

隅々まで描き込まれた3都市のグラフィックに酔いしれながらマップの中を散歩したり、
建物の上を走り回ったり、よじ登ったりすることが楽しみだと思うんです。

ダマスカスのウマイヤド・モスク、ミナレット、フィジェーの泉、アゼム宮殿・・・
世界文化遺産にも登録されたアッカの街並み・・・
エルサレムの嘆きの壁、岩のドーム・・・ いずれも一見の価値アリです(全部あってますよね・・・?;

操作に関しては、移動や戦闘ではそこまで複雑では無いですし、
武器はショートブレード、アサシンブレード、投げナイフ、ロングブレードとあり
カウンターで敵を仕留める時のかっこよさは堪りません。

21287_n20071128_16_assassin_03.jpg

assassinationjump001.jpg

本当は敵をロックしながら戦闘をするみたいなのですが、視界が狭まるし
ロックオン対象をすぐに切り替えたいので、普段はロックせずに戦闘しています。

私自身は投げナイフ使用時と、遠くからアサシンブレードで狙う時ぐらいしか使ってないと思います。

他の楽しみとしては、一般市民を『やらないk(ry』したり、敵兵を高所から
『ぽいっちょ!』したり・・・まぁ考えようによっては色々出来ますw


とにかく、次世代機のゲームでも1、2を争うほどのゲームだと思うので、少しでも興味が
湧いた方はゲーム店に走るなり、とりあえずは実況プレイ動画などをご覧になってみて下さい^^

寡黙でストイック、冷静なアサシン・アルタイルの魅力に取り付かれます。
セクシーな歩き方にも


ちなみに・・・・・・
テンプル騎士団&各軍旗コンプリートにはこちらのサイトがおススメ。
http://www.assassinscreed-maps.com/Maps.htm

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。