FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちなら4000ドルだ

IMG0564.jpg












IMG0565.jpg

フォルクスワーゲン・タイプ 1(Volkswagen Type 1)は、ドイツのフォルクスワーゲン社によって
製造された小型自動車。「フォルクスワーゲン・ビートル」の通称でも知られる。

1938年の生産開始以来、2003年まで生産が続き、四輪自動車としては世界最多となる
生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。

多くのバリエーションがあり、その多様性から一語で指し示す用語として、英語の「Type 1」という
型式名や「ビートル」などの愛称が用いられる。時代ごとの正式車名は「フォルクスワーゲン1200」、
「フォルクスワーゲン1300」、「フォルクスワーゲン1303/S」、「フォルクスワーゲン1303 LS」など、
何の変哲もない呼称であった。

「Type 1」、ドイツ語では「Typ 1 (テュープ アインス)」はフォルクスワーゲン社内の生産型式番号で
単に「1型」という意味であり、フォルクスワーゲン社の一号車であることを表しているが、
一般にはよりわかりやすい通称で呼ばれる事が多い。

英語圏では、そのカブトムシの様な形から「ビートル(Beetle)」「バグ(Bug)」、ドイツでは
1960年代後半より「ケーファー(Käfer=カブトムシ)」という愛称で親しまれた。
ブラジルなどでは「フスカ」(Fusca=南米産の大ゴキブリ)と呼ばれ、タイでは「タオ」(亀)の愛称で
呼ばれる。日本では英語の「ビートル」の他に「カブトムシ」や「ワーゲン」と呼ばれている。

これらはあくまでも愛称であるが、ニュービートルでフォルクスワーゲン社は「ビートル」を
初めて正式車名に用いた。


IMG0566.jpg

IMG0567.jpg

IMG0568.jpg

IMG0569.jpg

IMG0570.jpg

IMG0571.jpg

IMG0572.jpg

IMG0574.jpg

IMG0575.jpg

IMG0579.jpg

IMG0580.jpg

IMG0581.jpg


勝手に1人バンブル祭り☆第一段・・・という名の過去記事&画像掃除です^^;
オルタニティ・バンブルの記事はまた後日に。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。