FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卑小な生・・・

「戦争は変わった・・・(ゴッサムシティの犯罪的な意味で)

国家や思想のためではない、利益や民族のためでもない
金で雇われた傭兵部隊と、造られた無人兵器が果てしない代理戦争を繰り返す。
命を消費する戦争は合理的な痛みの無いビジネスへと変貌した」

「戦争は変わった・・・
ID登録された兵士達は、ID登録された武器を持ち、ID登録された兵器を使う。
体内のナノマシンが彼らの能力を助長し管理する。
遺伝子の制御、情報の制御、感情の制御、戦場の制御・・・全ては監視され、統制されている」

「戦争は変わった・・・
時代は抑止から制御へと移行し、大量破壊兵器によるカタストロフは回避された。
そして、戦場のコントロールは歴史のコントロールをも可能にした」

「戦争は変わった・・・
戦場が制御管理された時、戦争は、普遍のものとなった」




えっと・・・一応映画の記事ですからね?念のため。。。


『ダークナイト』


ジョーカーと名乗る素性不明の男がゴッサムシティーに現れた。

ジョーカーは犯罪を嬉々として楽しみ、世界を恐怖と混乱に陥れる事に喜びを感じる
狂気の男だった。 一方、バットマンはゴードン警部補と組んでゴッサムに蔓延るマフィアを
撲滅すべく奔走する。まずは、マフィアが資金洗浄に使っていた市内の銀行を次々に摘発し、
マフィアの資金源を断つことに成功。
「光の騎士」として尊敬される正義漢の検事ハービー・デントもそれに加わり、ゴッサムを
平和な街にすべく奮闘する。
ブルースはデントこそがゴッサムを平和に導く次代のヒーローだと確信し、バットマン引退を
考え始める。ブルースは、バットマンを引退した時がレイチェルと結ばれる時だと考えていたが、
一方でレイチェルはデントに惹かれていた。
その頃、ジョーカーはマフィアに接触し、彼らの持つ全資金の半分と引換えにバットマンの殺害を
提案する。だがジョーカーの本当の狙いは金でもバットマンの殺害でもなく、街に恐怖と混沌を
もたらす事だった・・・。




・・・何故か成り行きで観る事になってしm(ryゲフンゲフン・・・。
いや、別に観たくなかった訳では無かったのでいいんですけど・・・w
本当は『バットマン・ビギンズ』も一緒に借りてきて、そちらを先に観てからと思ったんですが
某レンタル店に在庫が無くて・・・まぁいいや♪と泣く泣く断念・・・。

アメコミ好きの方には申し訳ないのですが、正直なところあんまり私は好きでは無いんです。
かっこいいというのは分かるんですけど、今まで観た中でどうもストーリーが
薄っぺらいイメージしかなくて・・・。
力の象徴、ア○リカという国家の凄さを前面に出したような感じがどうも・・・(汗
まぁ、なんだかんだで観ていたりするんですけどね^^;


まず驚愕したことは、画の綺麗さ。
今回の作品は、メインアクションシーンを含めて6つのシーケンスが
画面が広く全天におよび迫力のある映像を作ることの出来る、専用のIMAXカメラで
撮影されたらしいです。特にビルを上空から捉えるようなシーンではかなり爽快です。

ジョーカーについてなんですが、アニメなんかで見ていた限りでは
「ヒャッハアァァァーー!!」といったような、トリガーハッピーで残忍なイメージだったんですが
『ダークナイト』では同じクレイジーな感じでも、かなり裏に巧妙さが見て取れるんですよね。
音楽と演出の効果も相まって、何回もビクッとさせられます。

・・・ワイヤーカッターのないヘリにブービートラップとか酷すぎます(泣


ストーリーでは、やたらと相反するモノの対比と、選択をさせる状況が多いなぁと。
あんまりネタバレすると、後でご覧になる方に悪いので簡単に触れますが
やたら泣けるシーンがあります・・・切ない・・・(´;ω;`)ウッ

心理学用語でいう『囚人のジレンマ』というのを取り入れていたり、これは
なかなか脚本がいいなぁ~と、感心させられましたしね。

あと、なぜ『ダークナイト』というタイトルなのか、ラストで明らかになるのですが
これが自分だとすると結構な重荷ですね・・・、目頭が凄く熱くなります・・・。


個人的に気になったのは、SWAT隊が銃(M4)をブラブラ構えながら走っていた事・・・。
でも、この映画は『SWAT』みたいに特殊部隊がメインの映画ではないので、さて置きます。

あと、クラブでのシーンでBOOM BOOM SATELLITESの『Scatterin'Monkey』が使用されていたこと。
一気にテンションが上がったのは言うまでもありません・・・w




・・・いいセンスだ。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。