スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUMAN ERRER PROSSCER

ヒューマンエラー (human error) とは、人為的過誤や失敗(ミス)のこと。 人によって起こされる、
予め決められた(期待した)ことから逸脱した行い・行動のことをいう。

事故原因の人的因子(ヒューマン・ファクター)には、技術不足によるスキルベースエラーと認知や
意思決定のエラーなどのミステイクなどの意図しないエラーと、違反などの意図したエラーがある。
動作するとき、“刺激・情報→入力→媒介→出力→動作・操作 ”の過程を経るが、このそれぞれに
記憶がかかわりあい、注意が必要となる。この過程の中で、エラーが発生する。動作の意図が
すでに間違っていたものをミステイク、意図したとおりに動作しなかったものスリップと呼ぶ。

間違った意図を形成する要因の一つが認知エラー。判断が先にあって認知をゆがめたり、
入力情報を無視したりするとミステイクが発生する。
特に設備機械の操作や乗り物の操縦において、不本意な結果(事故や災害など)を生み出しうる
行為や、不本意な結果を防ぐことに失敗することである。 安全工学や人間工学においては、
事故原因となる作業員や操縦者の故意・過失を指している。

機械設計者・製作者の過誤(ミス)、すなわち操作者・操縦者以外の過誤は、
通常はヒューマンエラーには含まない。

日本国内においてこの語がマスコミで大々的に使われるようになったのは、2001年1月31日に
発生した日本航空機駿河湾上空ニアミス事故がきっかけであった(言葉そのものはそれ以前も
あったが、一般的ではなかった)。

人間の注意力には限界があり、どんなに注意深い慎重な人であっても、疲労や錯覚などで
ヒューマンエラーを起こす場合がある。

様々な職種において、経験を重ねたベテランやルーチンワークでも起こりえる事である。
経験で学んだ事により、スムーズに業務を全うする為に、業務に支障をきたさない範囲での
基本的な確認・操作を省略し、積み重ねてきた事により「問題ない」という自己確信(思い込み)が
生じる。そのような状態下で、確認・操作を怠ったまま業務を進行させると、非常時に結びついた
場合、重大な問題・被害に発展する可能性がある。



・・・よーするに、働きすぎると脳ミソの性能の限界を超え、ミスをしやすくなるということです。

最近、管理人は脊髄が抜けてしまったが如くグダグダです、皆様も無理をし過ぎないよう
お気をつけ下さいm(_ _)m

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

    

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。