スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I!G!P!X!

全力全開だけがプライドなんです、偉い人にはそれが(ry


う~んと、それはさておき管理人はかなりのプロダクションI.Gひいきです。
でも、最近のIGの深夜アニメでちゃんと見てたのってIGPXぐらいかなぁ~と。
図書館戦争もそこまで見てないですし、RDもなんだか適当に見て
終わりそうな感じです。 ホリックは原作持ってますしね。

GONZOのブラスレイターは最初割と面白かったんですが
ゲルト編終わってから「え?」な展開になって行きましたし・・・。

オープニングがグランロデオっていうのも良かったんですけどねぇ。
邦楽にしては分かりやすいリズムだし、中途半端に高音が出る私にとっては
カラオケでも歌いやすいですし。
それはそうとして最近の邦楽って質が上がってきてますよね・・・。

亡念のザムド?何それおいし(ry 
1、2話を購入してそれ以来ですね・・・。


とまぁ、とりあえずIGPXとグランロデオはいいなぁというお話・・・。


そして久しぶりにマイトガインの合体シーンが見たくなったので
ついでに勇者シリーズの動画を見ていたら・・・。



崩れ落ちるように号泣しました(ぇ



いやぁ、当時のかっこよさを思い出したのとあまりの懐かしさ故に・・・^^;
ガインとマイトウイングがロコモライザーと連結する時と連結器が接続する時の
「ガシュゥン=З」という音とかもう最高だわ・・・w

燃えろファーィーヤー♪ 限りなーいーサーンダー♪

い・く・ぜ・ハーリケーン♪ グレートダッシュ! グレートダッシュ!!

のシーンが好きですw


エースのジョーとかマジで懐かしいですね、緑川さんは個人的には
三井のイメージの方が強いですが。
とりあえず置鮎さんは勇者シリーズに出過ぎですw

せっかくイケメンボイスなんだから仕事を選んで下さいw
だがそこにシビれるぅ、憧れるぅ!!

ガ、ガードダイバー!!!(大泣



気づいたのは、やはりダグオンとファイバードは見ていないようです・・・。
合体シーンさえ覚えていないというのは・・・最早そうとしか考えられません。

当時はアニメと名のつくものなら何でも見ていた気がするんですけどねぇ・・・。
エクスカイザーもダ・ガーンもジェイデッカーもゴルドランもガオガイガーも見てたのにぃ。
なぜ飛ばしたし当時の私><;


やっぱりマイトガインが個人的には一番好きですね、オモチャも全部持ってたぐらいですしw
一番のお気に入りはバードボンバーでした。成田エクスプレス好きだったもん・・・。

だがあえて言おう、勇者シリーズの玩具で一番スタイルが良かったのは
ダ・ガーンXであると!(何






あ、そういえばまたpixivに何枚か上げておきました。
たいした物ではないので、興味がある方だけご覧下さい。

今回は悪魔で執事な方です。 まぁトレス中心なんですが、結構頑張ってみたので~。
フリーハンドであのレベルの絵を描こうと思ったら何日かかるのやらw

でもあちらではあえてトレスした事を言わないでおきます(^^;
といった若干腹黒い一面を見せてみます・・・。

何事もまずは練習ですからね~。
スポンサーサイト

『チェッカー』

久しく他人様からサイバーフォーミュラについて聞いた気がします。
無印はリアルで見ていたときもありますし、OVAなどはキッズ○テーションだか
なにかで見てたりもしました。

勇者シリーズ、ガンダムシリーズ以外でのアニメでは、あの頃際立ったものがあったと思います。

リフティングターンやミラージュターン、レアメタル素材によるシャシーの変形など
やっていることはムチャクチャですが、ぶっ飛びすぎていて逆に辻褄があっていた感もw

何よりも制作陣がレースをちゃんと分かって作っているのが端々に表れています。
特にドライバーや関係者の心理描写など。

視聴していた時がかなり前って事もあり結構忘れてるんですよね、この記事書くにしても
必死にネットで調べたりして情報を補完したりしてるので。

無印、11(ダブルワン)、ZERO、SAGA、SINとありますが、個人的に好きだったのは
SIN、ZERO、無印、11の順ですね。 

あれ?SAGAってどんなだっけ・・・? ここだけ全く記憶がありません。
ということは昔の私はあまり良くは思っていなかったんでしょうね。


検索中・・・。


あぁ、アルザード事件・・・。思い出したような思い出してないような^^;
あすかのスカーフをステアリングに巻いてレースに出たのは覚えてる・・・。
ていうかあすかの見た目が変わりすぎですw

無印のアメリカ第一戦辺りからレーサーとしての自覚が芽生えてきた(と思う)ハヤト。
ナイト・シューマッハの正体が○○で実はあすかの○だったと分かった時は感動しましたね。
そしてレースに参戦した理由も。ハヤトを守るためにクラッシュ、マシンを降りてきた
ハヤトに必死にレースに戻るよう叫んでいたシーンを覚えています。

初めてゼロの領域を見て大事故を起こし、その後のリハビリなんかも印象的でした。
ナイト・シューマッハに勝つには完璧なラインで走らなければ~とかいってたのは
ZEROでしたっけ?

SINはかろうじて覚えてる気がします。。。
ハヤトと加賀の、最後の男の戦い。今思い出しても泣ける気がしますw
しかしブースト点火からスパイラルまでの流れ、そしてコーナー侵入への減速シーンは
何度見ても飽きる気がしません。
自動でスパイラルに移行してくれる凰呀のバイオコンピュータ萌え(*´Д`*)
アスラーダもかわいいよアスラーダ。

最終コーナーで凰呀が限界性能を引き出し、ブースト回数が増え『チェッカー』
と言ったのはやはり凰呀・・・?だとしたらますます惚れるw

ハイネルさん(何故か「さん」付け)の設計するマシンも好きでした。
超伝導リニアホイールがツボなんです。
特にシュピーゲル。グーデリアンはみっともないと言ってましたがw
次回予告のネタの走り方は反則に近いぐらい面白かったなぁ・・・。

「soul of rebirth」で始まる最終戦OPも最高でした。



う~ん、文章力が無いせいであんまり魅力的に見えませんねw
でも、未だにレースアニメとしては最高峰のものだと信じています(笑)

今日の午後5時から・・・

チョコレート禁止!!なんて言われたらどうしますか?

私は間違いなく死ねる自信がありますw
冗談はこのくらいにして、実際甘い物が切れると少し落ち着かなくなってしまうんですよね。
いつも冷蔵庫に徳用アーモンドチョコレートが欠かせません。
甘党なのに酒飲みってのもまたお金が掛かって困るんですよね・・・。
黒糖酒なんて飲もうもんならテンション上がりまくりです。

何時ぞや友人と行った居酒屋にもまた行ってみたい所です。
全体的に少し割高ですが、料理も酒も美味しいのですよ。

少し話が脱線しましたが、普段本といえばSF小説ぐらいしか読まない私が唯一?
所有しているファンタジー系の本「チョコレート・アンダーグラウンド」を紹介したいなぁと
思ったので記事にしてみました。

簡単なあらすじとしては、国民の殆どが選挙に無関心になったある国において
与党となった「健全健康党」によって制定された法律「チョコレート禁止法」により
国中のチョコレートをはじめとした甘い物がなくなってしまう、というもの。

いつの間にかアニメ化していたんですね・・・しかも製作はプロダクションIG。
確か3年前ぐらいに書店で並んでいたのを見て、パッと見面白そう、と
思って購入したのを覚えています。興味が湧きましたら読んでみて下さい。


ここから思いっきり布教活動ですw

PLAYSTATION@NETWORKにて9月からPS3で独占配信される「忘念のザムド」。

ストーリーは、油泥海に囲まれた小さな島、先端島。
70年前の戦いで南大陸自由圏に吸収されたこの島で、アキユキは母と2人暮らし。
父親は現在別居中で、小さな診療所を営んでいる。

ある日、アキユキは親友のハルやフルイチと通学中、爆破事件に巻き込まれる。
爆発によって生まれた謎の光を腕に受け、アキユキはザムドと呼ばれるバケモノに
変身してしまう。自我を失い、暴走するザムドの元に現われたのは
赤い髪をした異国の少女、ナキアミだった・・・。 という感じです。

製作元は鋼の錬金術師、交響詩篇エウレカセブン等、
アクションシーンに定評のあるボンズ。

このオープニングテーマにBOOM BOOM SATELLITESの
SHUT UP AND EXPLODEが使用されます!

more... »

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。