FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女に祈りは・・・いらない。

bulletwitch_0_1024768.jpg

以前からプレイしたいな~と思いながらも、ずっと機会を逃してきたのですが
今回やっとプレイにこぎつけました。『BULLETWITCH』です。
『Need for speed undercover』なんて買わずに、先にこっち買えばよかった

ゲフンゲフン・・・、ゲームジャンルはTPS、開発はCAVIA。発売はAQインタラクティブ。


西暦2007年――アメリカ西部M8.7の超大型地震発生―
死者4万4000人

2008年――第5次中東戦争勃発―
戦死者60万人以上

2009年――殺人ウイルス世界中で猛威を振るう―
推定死者数3億2000万人

2010年――異常気象による食糧危機―
飢餓と暴動により死者数推定8億人

2011年――謎の怪物集団出現―
大量虐殺行為を行う。死傷者不明

2012年――世界中の国家機関が停止

2013年――人類は滅亡の危機に瀕していた・・・

レースのついた黒衣を身に纏い、箒に擬した銃と魔法で悪魔に立ち向かっていく主人公・アリシア。

数奇な運命に弄ばれたアリシアに与えられるのは過酷な責務だけであった。
彼女はなぜ魔女のような力を得たのか、なぜ悪魔に与せず人類のために戦うのか、
全ては謎のまま彼女は悪魔の居場所を求めて旅を続ける。 旅の果てに待っているものは何か、

その答えは誰も知らない・・・。

more... »

スポンサーサイト

『Hashish』を使う者

以前雑誌に載っていた『Sabotage』というゲームがずっと気になっていたのですが、
名称も新たに既に発売されていたみたいですね。


1213910789_velvet-assassin.jpg


『Velvet Assassin』は、第二次世界大戦を背景に、主人公のViolette Summerがイギリス情報部の
スパイとしてドイツ占領下のフランスやドイツ本国に潜入し、機密情報の収集や暗殺、
破壊工作などを行うという三人称視点のアクションゲーム。
実在した女性工作員『Violette Szabo』がモデルとなっており、ちなみに最終的には
ドイツ軍に捕らえられ処刑されたそうです。
ナチスの軍隊を相手に完全に単独行動で挑む主人公は、まるでアルタイルやソリッド・スネークの
ようなステルスヒーロー(ヒロイン)の風格さえ感じられるかも。

『女スパイ』ではあるが、お色気作戦を発動して情報を聞き出すようなシーンはなく、
鋭いナイフとサイレンサー装備の拳銃を携えた無慈悲な暗殺者として、闇を徘徊することになる

必ずしも「背後に回ってナイフでザックリ」が要求されるわけではなく、携行弾数は少ないものの
面倒なときは銃を使うか、あるいは別のルートを探すか、それはプレイヤー次第。
『モルヒネモード』といい、モルヒネを打つと彼女がスリップ一枚になり、時間がスローになって
その間に攻撃出来る、という選択肢もあるが、数に限りがあるようなので乱用は出来ない。

いつもスニークしなくてはならないわけではなく、クライマックスでは防弾ベストに身を包み
ショットガンを抱え、ドイツ兵を次々になぎ倒していくようなシーンも出てくる。

スニーク以外に変装も有効で、敵の制服を手に入れた場合トイレなどで着替えることが出来
ナチスの女性将校などに扮してミッションを遂行可能。
しかしドイツ兵にあまり接近するとバレてしまうので、移動ルートには気をつかわなくてはならない。


スニーク主体のゲームシステムと、美しいがどこか現実離れしたグラフィックス。
そして「すべてが彼女の記憶の中の出来事」という設定など、アメリカ製ゲームとはどこかが違う
ヨーロピアンテイストが味わえるこのVelvet Assassin。

ちょっと変わった風味の海外ゲームをプレイしたいと思う方はぜひどうぞ。

more... »

Ciao, la mia signora equa.

Assassins-Creed2-e20090411.jpg

『Balleremo?』・・・という台詞が似合いそうな、ASSASSIN'SCREEDⅡの主人公、
フィレンツェの貴族 Ezio Auditore Firenze。

舞台は15世紀末でルネサンス期が舞台なだけに、史実からの登場人物はマキャベリ、
メディチ家のロレンツォ、カテリーナ・スフォルツァなど。
いいですね~、実は私演劇でモンタギュー家の家長役になったことがあるのですよ。
それは関係ないのですが、世界史でもこの辺りの歴史は好きでした(´ω`)

中東編に続いて、イタリアの観光名所も舞台に登場。サンマルコ聖堂や
ヴェネツィアのカナル・グランデ、リアルト橋・・・etc。

前作の主人公アルタイルと違ってエツィオさんは泳げるんですよね、地味にこれは有り難いことです。
ダ・ヴィンチ工房が開発したグライダーにも乗れるみたいです。
昼と夜の概念があり、リアルタイムで切り替わるのかそうでないのかはまだ不明です。
その場かぎりの警戒レベルだけでなく、悪名で警戒されるそうです。
一応名の知られた貴族だからみたいですね。

アサシンブレードを二本差しにしているだけではなく、今回から 新武器が多数登場し
メイス、ハンマー、槍、矛・・・etc。剣・短剣の種類も複数あるようです。

ダメージを受けた際の『シンクロ率』は放っておいて全開せず、大ダメージは医者の手当を受ける
必要があります。

テイラーはこちら。




アルタイルは寡黙でストイックな暗殺者って感じでしたが、Ezioはやっぱりどこか軽口を叩きながら
さらっと任務をこなしそうですね。テイラーの中でも暗殺後に『(´ー`)?』と首を
傾げる場面はイタリア人ぽくってカッコイイですよね。

ムービー中のアサシンブレードから放たれたものはやはり銃弾なんでしょうね、ルネサンス期の
三大発明のひとつは『火薬』ですし・・・。

more... »

20th century boy

NEC_0493.jpg

トモダチサイキョョゥゥウ!・・・いえなんでもありません・・・。

ここ暫く・・・

フォルツァしかやってません・・・PS3はまいにちいっしょ&最近アップデートされた
Life with Playstation@をするために1時間程オンラインするだけに・・・。

Folding@homeで蛋白質の折り畳み現象の計算をしながら全世界のニュースを
読めるというもの・・・なかなか面白いです。
社会に貢献しながら自分は世界の情報を得られる・・・いいじゃないですか( ̄ー ̄)
しかし今回私の(PS3が)担当する事になった計算式は
あと9時間ほどオンラインに繋いでおかないと解けません・・・。

最近よくフリーズしたり、「ふおおおおおぉぉぉぉぉぉぉん・・・」とけたたましくファンが鳴るので
結構心配・・・。 どうせならF1のV10エンジンみたいな轟音させなよ君・・・。

・・・それはまたそれで心配かも(ノД<)゜。


よく話が脱線するのは仕様です。


セッティングの熟成&お金稼ぎ&バトル慣れのために、「地域別チャンピオンシップ」の
『全日本GT選手権』は鈴鹿サーキットを走りまくってました。

セッティングに関してはほぼ文句無いレベルになってきました。
ただ空気圧&キャスター角という新要素のせいでえらく手間取りました・・・。

EXXON Superflo Supra♯6('05) タイム:1'56.538

空気圧 1.79kpa/1.86kpa
ファイナル 4.30
キャンバー -1.2/-1.5
トー角 0.1/-1.5
キャスター角 5.0
スタビライザー 15.48/15.47
スプリング 78.07/71.98
リバウンド 9.2/7.5
バンプ 4.6/3.8
エアロダイナミクス 65.9/154.5
ブレーキ 50/100
ディファレンシャル 50/56

TAKATA DOME NSX♯18('05) タイム:1'56.358
空気圧 1.93/1.86
ファイナル 4.30
キャンバー角 -1.2/-1.5
トー角 0.1/-1.5
キャスター角 5.6
スタビライザー 17.54/14.51
スプリング 70.44/78.06
リバウンド 7.6/10.0
バンプ 3.6/4.6
エアロダイナミクス 65.4/154.1
ブレーキ 50/100
ディファレンシャル 75/75

こんな感じ。 参考にしたプロドライバーのセッティングとほぼ同じか、似通った
セッティングになってしまったのは内緒。。。

これは結構・・・エイペックスからアクセル踏める感じだし、進入~コーナリングも安定してきて、
安心してというか、マシンを信頼して限界までブレーキングを遅らせる事が出来る。
以前にもましてグリップするようになってだいぶ攻めれるように。

FRのスプリングをアンダー傾向にセッティングした方が速い、というのは分かりますが
MRはオーバー気味の方がいい、というのは未だに理解出来てません(- -;

重量物が後ろにあるから?トラクションを稼ぐため?立ち上がりでのアンダーを消すため??
「とりあえずこうした方が良かったからこうしときました」みたいな結果は嫌だなぁ・・・。
まぁでも、いい感じにまとまったのでこれにてセッティングは終了。

基本的にNSXが好きで、一時はスープラに1秒以上タイムを開けられていたので
「ムキー!絶対更新したる!」と頑張っていたらなんとか勝利。
どうやらトー角をアウト側に振ったのが功を奏したらしいです。
それだけでこんなにタイムが変わるんですね・・・。
でもスープラはまだまだ接地感も余裕もあるのでまだ速くなりそう・・・だからもういじりません^^;

あとはペイントなんかもまた始めまして。

以前はトライバル調というか、シャープなデザインが好きだったのですが
最近は「和」っぽいというか繊細なイメージのデカールになってます。
でも創作意欲が湧かないとなかなか・・・。

そんなこんな感じでやってます~。 






好,我麻・是・・・!
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。